使える最新Webマーケティング

Read Article

ソーシャルメディアを使ったブランディング ブランディングコンセプトの繰り返し情報発信 ソーシャルメディアパワー

ウェブマーケティングにおいて、ブランディングは非常に重要な課題です。
勿論集客することや、最終的にコンバージョン(目標への転換=定めたゴールに到達)することが重要ですが、それらを達成する上で、ブランディングをしっかりと行うことでその達成の為のプロセスを大きくフォローしてくれます。

そういう意味において、ブランディングに力を入れることは、ウェブマーケティングでは非常に重要な意味を持ち、無視できないポイントです。

"Marketing" sign on glass door

では、ブランディングを具体的に行うためには、どのようにすればいいのか?

ネット社会が発達するまでは、テレビコマーシャルやラジオCM、新聞広告に代表されるように、マスメディアを使って、繰り返しブランディングコンセプトを情報発信することにより、ブランディング形成を行いました。

しかし、ネット社会が大きく普及し、ネットコンテンツが簡単に提供できるようになると、その情報の受け手側もそのコンテンツ情報を知らず知らずに受け取ることになります。

特にソーシャルメディアでは、その人と人とのつながりや関係性の中で、ブランディング形成が行われてきます。

ソーシャルメディアで発信される情報を上手く活用すれば、ブランディング形成がスムーズに行われます。
それは、商品やサービスは勿論のこと、パーソナルブランディングも形成されていきます。

先日もある方から、「噂の◯◯◯は、これですか!」という投稿コメントがありました。

これは、その方はオフライン(リアルな口コミ)でその情報を知って、ソーシャルメディアで情報を見つけたので、投稿されたわけです。

また、逆にソーシャルメディアでの投稿を見て、オフライン(リアル)にお会いした方から、もう少し詳しく聞かせてください、というお話を頂きました。

すなわち、ソーシャルメディアはブランディング構築の上で非常に効果的に機能をしてくれたわけです。

ここで重要なポイントは、ブランディングしたいポイントを策定して、それをしっかりと定期的にソーシャルメディアで情報発信することです。

繰り返し同じ情報を流すこと!
これが一番のポイントです。

同じ情報?と思われる方も多いでしょう。
しかし、テレビコマーシャルが同じ内容のものを繰り返し放送するように、ソーシャルメディアで同じようなコンテンツを繰り返し発信すること、これがブランディングのポイントです。

同じものは流したくない、と思われるかもしれませんが、それは逆で同じ内容を流すから意味があるのです。

この辺り、もっと詳しく知りたい方は、個別にあなたのビジネスに沿って具体的に分かり易くご説明致します。

この件でのお問合せ、ご相談は、お気軽に以下のフォームよりご連絡頂ければ、顧客応援隊からご連絡させて頂きます。

何卒宜しくお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

「顧客応援隊」とは?

企業のマーケティングを全面サポート!コンサルティングは、様々なポイントを分かり易く実践的にビジネスサポート。特に最新のWebマーケティング、その中でもWebをコストに終わらせずに売上に結びつける手法を提供しています。

詳しくは以下のリンクをクリックして下さい。
https://c-ssup.com/wp/?p=449

Loading Facebook Comments ...
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top