使える最新Webマーケティング

Read Article

見込み顧客が打ち込むキーワード探し ウェブマーケティングでは非常に重要 見込顧客の潜在意識を探る

見込顧客は、どんなキーワードやフレーズを使って検索しているのか?

あなたのサイトを見つけてもらう為には、ここがマッチしていないと問題です。

"Marketing" sign on glass door

Googleアナリティクスを使っている方は、集客の参照元を見ると何処からのトラフィックが一番多いかはご存知のはずです。

大抵は、検索エンジンからのトラフィックです。
それは、Googleであったり、Yahooであったりします。

即ち世の中のトラフィックでメインとなるのは、やはり検索エンジンなのです。

では、その検索エンジンで打ち込まれる、キーワードやフレーズはどれ位のボリュームがあり、自社のウェブサイトは検索時にそのキーワードやフレーズに引っ掛かりますか?

これは、SEO対策として非常に重要であり、またなかなか難しい事でもあります。

勿論SEO業者に依頼することも良いでしょうが、先ずは見込み顧客が打ちそうなキーワードやフレーズを確認する事で、自社のウェブサイトの課題対策に繋がります。

その探し方ですが、そんなに難しくはないです。

検索結果のボリュームは、検索した際に左上に約◯◯◯件(桁数がもっと多いですが)と表示されます。これを見ると、大抵その数の多さに驚きます。
その大量のコンテンツの中で、少なくとも1〜2ページ目までに露出させる事は容易ではなさそうと思いますね。

しかし、検索キーワードをもう少し慎重に見て行くと、先程言いましたキーワードやフレーズの検索結果で表示されるサイトの一番下に、「関連する検索キーワード」というのが表示されるかと思います。(表示されない場合は、そもそも検索数が少ないです)
これは大抵フレーズが多いですが、実はこのフレーズは検索サイトが求めているフレーズなわけです。

これにどんぴしゃりと合ったウェブサイトを公開すれば、上位表示される可能性は高くなります。

そもそも検索エンジンは常に求められるキーワードやフレーズを蓄積しながら、同時にそれに適合したウェブサイトを探しています。

所謂ビッグキーワード(非常に多くの方が検索されるメジャーなキーワード)では、なかなか難しいですが、うまくフレーズを組み合わせると露出させる事が出来る事があります。

それを探す簡単な方法は、上記のような「関連するキーワード」から探して行く事になりますが、それと同時に検索エンジンが提供するサービスをうまく使う事も1つの手法です。

それは、検索エンジンが基本的には広告収入で成り立っているので、検索エンジンの広告管理システムを使って、検索ボリュームをはじき出す事が可能な事は以外に知られていないです。

これは広告を出さなくても、広告出稿のアカウントを取得するだけで利用可能です。
これは大変便利なツールで、キーワードを入れるだけで、フレーズも含めて実際に検索されているキーワードやフレーズの実績を出してくれます。

この中には、自分では想像しなかったキーワードやフレーズが見つかる事があります。

ウェブサイトを運用する上では、キーワードやフレーズは非常に重要なポイントです。
ここをしっかりと確認し、活用して行く事がウェブマーケティングの成功の鍵です。

あなたは、そういう事を実施されていますか?

ウェブサイトを運用されているなら、その辺りをしっかりとチェックしながら運用される事が非常に重要です。

先ずはGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)を使いこなしましょう!決して難しくは無いです。

また、キーワードやフレーズをしっかりとチェックしましょう!

その辺りコンサルティングに参加頂ければ、ポイントを分かり易くご説明致します。

コンサルティングに参加して頂くと、インターネットの使い方が直ぐにご理解頂けて、継続的な確認ポイントが明確になります。

Google Analyticsのグループコンサルティングは、基本3名で120分、1万円/1名でご提供させて頂いております。

コンサルティング希望の方、或は質問が有る方は、以下のフォームに記入頂ければ幸いです。

勿論お一人からのご相談も受け付けております。

また遠隔地の方は、Googleハングアウトやスカイプ等でのコンサルティングも行っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

「顧客応援隊」とは?

企業のマーケティングを全面サポート!コンサルティングは、様々なポイントを分かり易く実践的にビジネスサポート。特に最新のWebマーケティング、その中でもWebをコストに終わらせずに売上に結びつける手法を提供しています。

詳しくは以下のリンクをクリックして下さい。
https://c-ssup.com/wp/?p=449

Loading Facebook Comments ...
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top