使える最新Webマーケティング

Read Article

知っておくべきブランディングの新しい考え方 スタンプ チャットアプリ 新しいウェブマーケティング インバウンドマーケティング

マーケティングイメージ写真

コミュニケーションメディアの変化により、今までのブランディングが変わって来ている事にお気づきですか?

インターネットの世界においては、以前はディスプレイ広告がブランディングの主流でした。
所謂バナー広告ですね。繰り返し見る事で、クリックせずともブランディングの可能性がある広告でした。

しかし、それは一部の大手企業しか取り入れる事が出来ない手法です。

その後ソーシャルメディアの台頭により、ソーシャルメディア上で中小企業や個人が情報発信する事で、ブランディングが可能な時代になりました。
簡単ではないですが、うまくソーシャルメディアを使う事で、中小企業でもブランディングを形成出来る実績が出て来ました。

しかし、先般もお話ししました通り、コミュニケーションの変化により、ソーシャルメディアからチャットアプリへコミュニケーションのウエイトが変化して来ました。

チャットアプリの代表である、LINEにおいては、大手企業はブランディングに持ってこいという事で、LINEスタンプが沢山使われ始めました。

案の定、生活者もコミュニケーションツールとして、このLINEスタンプを多用するようになりました。

しかし、このLINEスタンプの使用料は、とてつもなく高いです。

安くて1,500万円で180日の使用期間です。

しかし、大手クライアントの多くが、このLINEスタンププロモーション市場に参入しています。

しかも統計によると、生活者の7割は有料スタンプは購入していません。

しかしLINEスタンプのプロモーション(期間限定のスタンプ)で配布されるスタンプを使っています。

そして、これで得たスタンプでコミュニケーションを行っているわけです。

ホームページ、ディスプレイ広告、メール広告、ブログ、そしてソーシャルメディアは、今までのマス的な理論による影響力の考え方です。

しかしLINEでのコミュニケーションは、ディープな繋がりでのコミュニケーションです。

ここで交換されるスタンプは、絶大なブランディング力を持っており、その頻度も半端ではないです。

マーケティングにおけるパレートの法則で言うと、2割のリピーターに該当すると言っても過言ではないです。

恐るべし、LINEスタンプ!

しかし、お大手しかこのスタンプを使用出来ない事に関し、中小企業も何かアイデアを出すべきですね。

そういう意味で今後のスタンプ論に関し、次回は大手企業に対抗する手立てをご提案致します。

LINEは、我々には関係ない!ビジネスに使うには高額!

それは、1つの見解ですが、今LINEが活発に使われている中、コミュニケーションメディアとしてどう考えて行くか?これは非常に重要です。

この件でのお問合せ、ご相談は、お気軽に以下のフォームよりご連絡頂ければ、顧客応援隊からご連絡させて頂きます。

何卒宜しくお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

顧客応援隊ロゴ

<主要実績>国内大手家電メーカーコンサルティング、国内大手カタログ通販会社コンサルティング、国内大手フランチャイズ企業コンサルティング、国内大手通販企業コンサルティング、国内企業の海外通販サイト進出コンサルティング、各所商工会議所セミナー実施、ソーシャルメディアコンサルティング、ソーシャルメディアセミナー、楽天モール運用代行、Facebookページ運用代行、超低価格オリジナルスマートホンアプリ制作、超低価格スマートホン名刺アプリ制作、見込顧客集客支援、超低価格スマートホンアンケート実施(2万円/1回)、名刺管理ソフト提供(CRM向け)等々多種多様にご提供しております。

<創業日>2010年9月1日

<代表>山本 誠一(やまもと のぶただ)

<住所>〒559-0033 大阪府大阪市住之江区南港中4-7-24-209

<電話番号>080-1515-2403

<FAX>06-6613-7279

<メールアドレス>nobuyamamo@gmail.com

<Webサイト>https://c-ssup.com/wp/?p=449

Loading Facebook Comments ...
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top