使える最新Webマーケティング

Read Article

LINEの海外戦略から見て取れるもの チャットアプリの行方は? 勝者は誰?

マーケティングイメージ写真

先日、様々なコミュニケーションメディアがどんどん登場して来る今を振り返ってみると、その中心となるコミュニケーションツールは色々変わって来た事に関して、ご説明しました。

このコミュニケーションメディア、最近いろんな意味で変化が起きている事にお気づきでしょうか?

つい先日これを問いかけた所です。

チャットアプリが非常に日常で多く使われている事もお伝えしましたよね。

Facebookのような手間が掛かるソーシャルメディアは、今後もその特徴を活かして生き残るでしょうが、普段使いのコミュニケーションツールは、チャットアプリが主流になるでしょうとご説明した所ですが、LINEは新たに次のステージに進んでいます。

LINEが推し進める新たなコミュニケーション戦略は、「スタンプ」コミュニケーションです。

お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、LINEだけではなく、Facebookメッセンジャーも「スタンプ」コミュニケーションが盛んです。

1日の投稿数を振り返ってみて下さい。結構スタンプを使っていませんか?

LINEは、チャットアプリを使う上で、更に「スタンプ」でコミュニケーションを推進しています。

これで、他のチャットアプリ、WhatsApp等との差別化を図ろうというものです!

先日ロシアで開かれた、LINEの発表会でも、この「スタンプ」を積極的にPRしていたようです。

ただ、「スタンプ」のキャラクターが、現地で受け入れられるキャラクターかどうかをテストしているようですね?

この「スタンプ」はローカル展開も有りそうです。

しかし、「スタンプ」に置けるコミュニケーションには、変わりません!

この「スタンプ」、キャラクターが一目瞭然なので、日本国内のLINEアプリに置けるプロモーションもこれが主流です。企業に取ってはもってこいのプロモーションです。

キャンペーン「スタンプ」の70%が、キャンペーンを削除されても、「スタンプ」は暫く使われるから、非常に有効ですね!

「スタンプ」=ブランドとして認識され易い!

これ程、有効なプロモーションツールは無いですね。

コミュニケーションの度に使われるんですから!

この辺りもう少し考察して行きたいですね。

これが、今の時代の特徴です。

この辺りの現状をしっかりと整理して、ビジネスにどう活かして行けばいいかを、しっかりと考える必要が有ります。

LINEは、我々には関係ない!ビジネスに使うには高額!
それは、1つの見解ですが、今LINEが活発に使われている中、コミュニケーションメディアとしてどう考えて行くか?これは非常に重要です。

この件でのお問合せ、ご相談は、お気軽に以下のフォームよりご連絡頂ければ、顧客応援隊からご連絡させて頂きます。

何卒宜しくお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

顧客応援隊ロゴ

<主要実績>国内大手家電メーカーコンサルティング、国内大手カタログ通販会社コンサルティング、国内大手フランチャイズ企業コンサルティング、国内大手通販企業コンサルティング、国内企業の海外通販サイト進出コンサルティング、各所商工会議所セミナー実施、ソーシャルメディアコンサルティング、ソーシャルメディアセミナー、楽天モール運用代行、Facebookページ運用代行、超低価格オリジナルスマートホンアプリ制作、超低価格スマートホン名刺アプリ制作、見込顧客集客支援、超低価格スマートホンアンケート実施(2万円/1回)、名刺管理ソフト提供(CRM向け)等々多種多様にご提供しております。

<創業日>2010年9月1日

<代表>山本 誠一(やまもと のぶただ)

<住所>〒559-0033 大阪府大阪市住之江区南港中4-7-24-209

<電話番号>080-1515-2403

<FAX>06-6613-7279

<メールアドレス>nobuyamamo@gmail.com

<Webサイト>https://c-ssup.com/wp/?p=449

Loading Facebook Comments ...
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top