使える最新Webマーケティング

Read Article

ソーシャルメディア利用度、日本は調査49カ国中で最下位!これは何を意味するか?ウェブマーケティングの今後

マーケティングイメージ写真

WPPグループの市場調査会社カンター・ジャパンは30日、欧米やアジアなど49の国と地域のソーシャルメディア(SNS)利用動向調査で、日本がSNS利用度最下位だったと発表しました。
調査対象は各国の16歳~65歳のインターネットユーザー計約5万5000人で、日本は996人。
3月~6月にかけてネット調査と対面調査を行いました。

SNSの利用頻度について「毎日利用する」「少なくとも週に一度は利用する」「利用するが週に一度より頻度は少ない」と回答した人の合計で、トップはインドネシアの98.5%。次いでロシア97.0%、メキシコ96.1%。日本は66.5%で調査国中最下位となりました。平均は81.8%です。

日本は66.5%なので、大きな開きが有ります。

スクリーンショット 2014-07-31 18.28.29

日本でSNSを「利用しない」と答えた人33.5%のうち、今後の利用に「関心がある」人は1.8%にとどまり、28.8%は「関心がない」となっています。カンター・ジャパンは、「日本でのSNSの利用者は6割を超えているものの、今後SNSの利用度が飛躍的に伸びるとは考えにくい」と見解してます。

スクリーンショット 2014-07-31 18.30.16

「写真、動画または音楽のアップロード」頻度でも、「毎日アップロードする」「少なくとも週に一度はアップロードする」「アップロードするが週に一度より頻度は少ない」と答えた人の割合は、ロシアが89.4%で1位。日本は38.0%で、こちらも最下位となりました。平均は73.4%でした。

気になるのは、今後SNSの利用度が飛躍的に伸びるとは考えにくいと言う見方です。

3割は、今後も利用に関心が無い、という事ですが、調査対象の16歳~65歳とクロス集計してみて、どの年代が関心が無いか知りたい所です。

高齢者のソーシャルメディアの利用も高まっているというデータがある中、本当の実態はどうなんでしょうか?

何れにせよ、外部データにありがちな話で、しっかりと自社で検証する事が重要です。

ウェブを運用するにおいて、何処からの流入に変化があるのか?ソーシャルメディアはどうなのかをしっかりと自社でチェックする事がポイントですね。

この件でのお問合せ、ご相談は、お気軽に以下のフォームよりご連絡頂ければ、顧客応援隊からご連絡させて頂きます。

何卒宜しくお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

顧客応援隊ロゴ

<主要実績>国内大手家電メーカーコンサルティング、国内大手カタログ通販会社コンサルティング、国内大手フランチャイズ企業コンサルティング、国内大手通販企業コンサルティング、国内企業の海外通販サイト進出コンサルティング、各所商工会議所セミナー実施、ソーシャルメディアコンサルティング、ソーシャルメディアセミナー、楽天モール運用代行、Facebookページ運用代行、超低価格オリジナルスマートホンアプリ制作、超低価格スマートホン名刺アプリ制作、見込顧客集客支援、超低価格スマートホンアンケート実施(2万円/1回)、名刺管理ソフト提供(CRM向け)等々多種多様にご提供しております。

<創業日>2010年9月1日

<代表>山本 誠一(やまもと のぶただ)

<住所>〒559-0033 大阪府大阪市住之江区南港中4-7-24-209

<電話番号>080-1515-2403

<FAX>06-6613-7279

<メールアドレス>nobuyamamo@gmail.com

<Webサイト>https://c-ssup.com/wp/?p=449

Loading Facebook Comments ...
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top