使える最新Webマーケティング

Read Article

今話題の「tsu」は次世代ソーシャルメデイアか?巷あるソーシャルメディアをビジネス活用する真のポイントとは?

ソーシャルメディアをビジネスに活かさないと、勿体ないです。

"Marketing" sign on glass door

最近急に登場した話題のソーシャルメディア、「tsu」、ツーと読むらしいです。
投稿するとお金がもらえるというのが、謳い文句です。
次世代、次の主流ソーシャルメディアは、これが本命?と囁かれていますが、本当でしょうか?
広告費を90%還元するというけれど、まだまだ外国のサイトだからそんなうまくいかない気もしますが、先ずは体験することが重要かと思い、先日取り急ぎアカウントを取りスタートしました。

紹介制なのでこのアドレスから登録できますから、是非試してみてください。
https://www.tsu.co/nobuyamamo

何れにせよ、巷に一杯あるソーシャルメディア。
どれを使うか困りますよね。

現段階でビジネスに結びつけるなら、やはりFacebook、Twitterというのが、実体感としては大きい存在です。
勿論Google+もやった方がいいですが、Google+からビジネスに繋がるケースは、私の場合少ないです。(Google+のフォロワー8,571人、Google+ページのフォロワー1,777人ですが)
https://www.facebook.com/makotonobu
https://www.facebook.com/strategy.support
https://twitter.com/makotonobu

https://plus.google.com/u/0/+%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%AA%A0%E4%B8%80%E3%83%9E%E3%82%B3/posts
https://plus.google.com/b/105718473953706365113/+Cssup%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%9A%8A/posts

以外とLinkedinは、ビジネス用のソーシャルメディアということで、様々なオフォーが来ます。
しかし、大半は海外からのオフォーです。
良い点は、第三者が私のスキルを評価する点で、投稿の内容からスキル評価されることは、その評価の信頼性に基づく個人のブランディングに繋がります。

こうやって上げてみると、どのソーシャルメディアがビジネス活用に繋がるのか?判断が難しいです。

しかし、重要なポイントは、それぞれのソーシャルメディアにおいて、ビジネスに繋がるタイミングやきっかけを知っていることがポイントです。

そのタイミングとは、基本的に「感動」「共感」「共有」というプロセスが生まれるようにすること!
これが一番のポイントです。
心理的要因が大きいわけです。

同時に、そのきっかけを1回だけではなく、継続的に行うことが非常に重要です。

これは、どちらも欠けてはいけません。

その辺りをしっかり設計して、ソーシャルメディアを運用することがポイントです。

この辺り、もっと詳しく知りたい方は、個別にあなたのビジネスに沿って具体的に分かり易くご説明致します。

この件でのお問合せ、ご相談は、お気軽に以下のフォームよりご連絡頂ければ、顧客応援隊からご連絡させて頂きます。

何卒宜しくお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

「顧客応援隊」とは?

企業のマーケティングを全面サポート!コンサルティングは、様々なポイントを分かり易く実践的にビジネスサポート。特に最新のWebマーケティング、その中でもWebをコストに終わらせずに売上に結びつける手法を提供しています。

詳しくは以下のリンクをクリックして下さい。
https://c-ssup.com/wp/?p=449

Loading Facebook Comments ...
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top